ワンコイン・ムービ-レビュー

ワゴンセール等で500円程度で投げ売りされている映画を愛するブログ

オートマチック

あらすじ 「ワゴンに埋もれていた傑作」 私は疑わなかった。この映画はとてつもないアホ映画だと。「その男、自動拳銃と化す!」哺乳類がどうやって金属に進化するというのか。オートマチックというタイトルにしても、私の様なキモオタなら銃の事だとわかる…

エイリアン・ライジング ALIEN RISING

あらすじ 「車で逃げろや」 舞台は荒野の田舎。そこではガソリンスタンドを営む爺ちゃんとその娘の植物学者が慎ましく暮らしていた。しかし、スタンドにガソリンを届けにくるタンクローリーが事故を起こしてしまう。主人公の女性保安官が現場に向かうと、そ…

最強兵器女子高生RIKA ゾンビハンターVS最凶ゾンビグロリアン

あらすじ 「こんなタイトル見たら買うしかないやろ」 主人公ともう1人の女子高生が「親とか学校とかウゼェからじいちゃんの所に遊びに行こう」とスクールエスケープを開始。何でもじいちゃんは天才外科医だったが、今は山奥でヒキコモリストを営んでいると…

半グレ vs やくざ

あらすじ 「どっちも死ね」 主人公である「伝説のヤクザ笑」が出所してカタギになるんや宣言をするところから物語は始まる。彼は淫乱テディベアみたいなオッサンのバーで昼間から飲んだくれたり、ドブ川をぼけーっと見つめる有意義な時間を過ごす。カタギな…

ゾンビキング

あらすじ 「君臨すれど統治“できず”」 マスクを被った変なオッサンとオバハンが夜道を爆走する職質レベルのシーンから物語は始まる。彼らは、かつて縁のあった性格の悪いオッサンレスラーがゾンビを相手にプロレスをするぜ!というアホみたいな興業を止める…

テケテケ

あらすじ 「誤射にも限度がある」 仕事でくたびれたOLが帰宅途中のバスでガキ共にクッションを頭にぶつけられたあげくに路上で半身をブツ切られて死ぬという癒しのアロマが漂うシーンから本作はスタートする。 OLのシーンから一転、場面は高校へ。そこでは主…

ダイナソー・ファイター カンフー vs. 巨大恐竜

あらすじ 「カンフー vs. クソデブ」 ある星ではサイボーグが人間を奴隷にし、それを監視するために恐竜を飼育していた。しかしある時、主人公がサイボーグから脱出し、地球へとやってくる。そして主人公を殺すために恐竜とサイボーグも彼を追って地球へとや…

ピラニア リターンズ

あらすじ 「予定調和のゲス加減」 主人公は大学院を中退したという説明しかないただの女で大した活躍もしないので無視してよい。主人公の義父はウォーターランドを改築して一儲けしようとする起業家である。彼は経営者として消費者目線を忘れないバリューエ…

【注:自慢】俺という存在の証明【映画関係無】

要旨 「だから何だよ」 今月、このクソブログの月刊アクセス数が初めて1,000件を超えました。2015年11月から暇つぶしに月4~8件のロクでもない記事を垂れ流し続けた結果、ついに述べ1,000人程度の貴重な時間を浪費させることに成功したわけです。これは米帝…

ごくつま刑事

あらすじ 「シャブおじさん」 任侠道を貫くヤクザ(笑)の若頭が、敵対する組の陰謀によりえん罪をかぶせられムショへと送られる。悲嘆にくれる若頭の妻である主人公のもとに麻薬取締刑事が現れ、「えん罪なのはわかってる。えん罪を着せた組はシャブを売っ…

デンジャーゾーン タービュランス3

あらすじ 「<<歪んだパズルは一度リセットするべきだ。>>」 「デスメタルバンドがジャンボ機でライブやってたらハイジャックされてやべえ」というのが本作のあらすじであるが、登場勢力が多すぎる上に個性が無さすぎる。バンド、ハイジャック犯、ハッカーと…

リリス

あらすじ 「ホラーかと思ったのに乳やんけ」 宗教学だかの課外講座で女学生がシスターの下で勉強するというのが本作の舞台設定である。女学生はビッチ、バージン、ファザコン、ナルシスト、オナニストの5人である。彼らは他宗教の神話を学びキリスト教と比較…

ソーラー・ストライク セカンド・メルトダウン

あらすじ 「少年の可堕性に係る寛容の必要」 本作モブの前科持ちイケメンは、主人公の娘と付き合っている。娘は17歳でそれより少し年上らしいのでせいぜい20歳近辺だろう。なら彼の前科とやらもせいぜいマリファナすって近所のポリスメンにしばかれたレベル…

ウルフマン2014

あらすじ 「獣姦」 時は17世紀中旬、万引き常習犯の主人公が貴族の娘をクンニした罪で捕まる愉快な場面から物語は始まる。彼は当然の如く逃走。その途中で神父の死体を見つけた彼は、羅生門のごとき慈悲深さで身ぐるみをひっぺがして近くの村へ行き「ワタシ…

アルマゲドン20XX

あらすじ 「無い」 舞台は核戦争が起きた後のアメリカ。そこにはマッドマックス的なデストピアが広がっているのだろう。その期待は一瞬で裏切られる。「カナダとメキシコはこれ以上の難民を拒否」わずか数秒映っただけの新聞記事の一行だがここから読み取れ…

ボムシェルレイダー

あらすじ 「パッケージの下乳はシリコンです」 主役の女性がずっとマスターベーションを続けている。彼女が絶頂に近づくにつれ室内に風が吹き荒れる。冒頭わずか5分少しのこの旋風のオナニーを見た時、私は本作が恐ろしい映像兵器ではないかとの恐怖に駆られ…

ディープポセイドン

あらすじ 「散歩」 映画が始まってしょっぱなから、ショボいサソリの模型が潜水艦の乗組員たちを殺していく。開始数秒で「ああ、敵のモンスターはこいつらなんだな」と丁寧なチュートリアルで説明してくれたあげくに、「行方不明になった潜水艦を探索してこ…

バトルロワイアル・アイランド

あらすじ 「オワコン」 視聴率をガンガン稼ぐぜ!というテレビ局が企画した番組。それは犯罪者を島に放り出して、反対側の脱出ポイントまで行けるかどうかライブ中継するというものであった。脱出できたら賞金5,000万ドルと刑罰免除。選び抜かれた犯罪者は皆…

T-フォース ベトコン地下要塞制圧部隊

あらすじ 「アラはあるけど頑張ってる」 私は思った。地下要塞制圧など書いておきながら、なぜパッケージの兵隊は天駆けるヘリコプターの下、川に崩れ落ちているのだろうか。どうせこの映画は適当な「戦争は悲惨なのよ」とバカでもわかることを垂れ流しつつ…

バイオ・アマゾネス2 オオカミ姉妹

あらすじ 「この映画の70%はシリコンの乳です」 ある日、主人公(女)のルームメイト(女)が変な協会から招待状をもらう。ルームメイトは、その協会がどんな活動をしている団体なのかを調べることもせずに出発する。その道中でルームメイトは狼によってズ…

デス・スピード

あらすじ 「スピード感が死んでいるという意味では正確なタイトル」 主人公は性格がちょい悪のレーサー。彼はスポンサー獲得を懸けて、ライバルの性格がクソなレーサーとサーキットで勝負する。しかしレース中に事故が発生。2人の車はクラッシュしてクソレ…

パニック・チェア

あらすじ 「それは 変態が創った椅子」 主人公の女子大学院生は、新居に引っ越して心機一転。修論に取り掛かろうとする。もちろんその前に、泡の入浴剤とアロマを香らせたバスタブにヒーリングミュージックをかけ、陰核を弄ってオーゥオーゥと喘ぐセルフセラ…

NINJA ニンジャ in L.A.

あらすじ 「忍者じゃねーよ」 とある中世の時代、どっかの騎士のオッサンと悪魔のオッサンが、イスラエルにて半裸で殴り合い、騎士のオッサンが勝つ。それから数百年後のロサンゼルスでは、上野クリニックのCMみたいな服を着た白人が忍者刀でマフィアをぶ…

バイオレンス・ブルー 真夏の完全犯罪

あらすじ 「乱交」 主人公は真面目に働く好青年。学位を取得し、コツコツ働き美人の婚約者をゲットする。しかし彼の出生に関する環境は複雑だった。彼の父親はヤリチンで乱交パーティが趣味という立派な性癖の持ち主で、母親はその高潔な振る舞いに「Merde!…

キッズ・リベンジ

あらすじ 「欠点がある男ってステキ!」 両親の再婚により、田舎の一軒家に引っ越してきた四人家族。しかし、それぞれの連れ子である義姉は勝気な都会的女子、義弟は全くしゃべらない無口な子。性格の不一致と急な引っ越しで、2人の関係は良いものではなか…

BIOHAZARD デス・プラント

あらすじ 「確信犯(バカ)」 あるところに、過激な環境保護グループを名乗って調子をこいている男女5人組がいました。こいつらは親に大学の学費を払ってもらいながら、We are the Justice的な精神で自分探しのために犯罪を重ねる。その活動とやらは、ドン…

サイコハウス

あらすじ 「結局は顔かよ」 順風満帆に仕事を軌道に乗せた弁護士の夫、子育てがひと段落して広告会社に復帰したい妻。2人は相談した結果、家政婦を雇って子どもの面倒をみてもらうことにする。そして面接に現れた女性は、明るく子どもにも好かれる良さそうな…

神風 KAMIKAZE

あらすじ 「ごちゃごちゃ言わずに働けデブ」 主人公のクソデブは、会社の売り上げに貢献せず、1人別室にこもって自動栓抜き機を作っているという不条理な理由で突然会社を解雇されてしまう。晴れて立派な無職となった彼は、すでに結婚して一軒家を建てている…

GUN [ガン]

あらすじ 「単純化しすぎてもダメな見本」 刑務所から出所したゴワ髪のデブが、かつてのチンピラ仲間の黒人と銃を売りさばく。これが本作のおおまかな筋である。変な異世界観やクソみたいな理論を出さず、予算不足を承知した上の直球勝負で攻めて来るところ…

エンドオブ・ザワールド 2014

あらすじ 「エンドオブ・ザ脳味噌」 ニッチなSFビデオ店を経営する修士号持ちのデブと、プログラムに詳しいデコ、この2人を主人公格として物語は進む。彼らはそれぞれ彼女と母親に「さっさとマトモな職につけ」と愚痴を言われている。 ここで彼女達に反論…