読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンコイン・ムービ-レビュー

ワゴンセール等で500円程度で投げ売りされている映画を愛するブログ

イーブルノート

f:id:public-technocut:20151219230131j:plain

あらすじ
「俺の書いたシナリオ通りに人が死んでいくんだけどマジ怖い」

 

 主役は売れずにくすぶっている脚本家の既婚男性。ある日彼は聞いたことも無い会社からシナリオ作成の依頼を受ける。オフィスで待ち合わせた白髪のジジイは35年前に起きた一家惨殺事件を下敷きにした脚本の制作を彼に依頼する。その事件とは、あるヒゲデブが妊娠中の妻と義父母を殺害した後自殺したという事件であった。参考にとジジイから渡された資料を調べていくうちに、ヒゲデブも脚本家であり、書いたことが現実に起こる現象を認識していたことが明らかになった。主役もヒゲデブと同じ現象に見舞われる。自分の書いたシナリオ通りに友人や知人が死傷していく様に恐れおののき心身ともに疲弊していく。

 

 この現象の真相は主役の妻によるものであった。彼女は35年前ヒゲデブに殺された妻の胎内から奇跡的に生還した女の子であり、ヒゲデブの能力を受け継いでいたのだ。その能力が覚醒し、制御不能となったため今回の惨劇を招いたのである。最終的には主役一家も35年前同様オーマイガッデムな最後を迎えて物語は幕引きとなる。

 

 本作における設定や複線回収の甘さには苦言を呈したい。そもそもヒゲデブのもつ能力とやらは一体何に起因するのか?これに対して作中では「宇宙の闇の力がどうたら」と非常に納得のいく理屈付けがなされるがこれは事実上の説明放棄である。そしてヒゲデブが家族を殺害した理由も明らかではない。力が暴走したのか、もしくは妻が浮気してたんじゃね?ぐらいの推測が述べられているだけでこちらもスッキリとはしない。そして35年前の事件を掘り起こして主役を積極的に事件にかかわるよう誘導し、豊富な資金提供をちらつかせて彼をコントロールした制作会社のジジイはいったい何者であったのか?この点については何の説明もなされていない。

 

 主役の男優の演技力は本作唯一の希望である。仕事が振るわずに落ち込む表情、妻へ向ける微笑み、事件を追っていくうち徐々に正気を失っていく様など非常に表現力豊かである。ストーリー、設定共に雑な本作を最後までミステリーとして引っ張ったのはひとえに彼の演技力によるところが大きいだろう。

 


総合評価・星2つ(500円の価値無)
★★☆☆☆

 

以上

広告を非表示にする