読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンコイン・ムービ-レビュー

ワゴンセール等で500円程度で投げ売りされている映画を愛するブログ

ドゥーム

f:id:public-technocut:20170305153206j:plain

あらすじ

「バババババ(銃声)」

 

 「火星のラボでなんか事故が起きたっぽいから、お前ら特殊部隊が調査してこいや。ヤバい事になってたら、ためらわずにブチ殺してもええんやで」というのが本作のストーリーである。まさにシンプルイズベスト。昔シャウプとかいうオッサンが「税金はわかりやすいほうがステキなんやで」的な事を言ったらしいが、娯楽映画にもこの発言は当てはまると愚考する。

 

 主人公達特殊部隊はラボを調査、研究リーダーの博士を発見して保護するが、彼はすでにバグっていた。あげくバケモノの攻撃で部隊は死者を出してしまう。その後も特殊部隊は状況を把握するために調査を続けるが、バケモノの襲撃を受け損害を重ね、被害は研究者や民間人にまで広がってしまう。

 

 現場にたまたま居合わせた主人公の姉である学者は、リーダーの博士が違法な人体実験でクリーチャーを生み出した事実を明らかにする。こいつに攻撃されると選択肢は3つ。①クリーチャー化する ②ゾンビ化する ③普通に死ぬ、よりどりみどりである。これらが明らかにされたところでストーリーは変わらない。特殊部隊「ほれほれライフルやで(バババ)」、バケモノ「グエー」という素晴らしい世界が視聴者の精神を浄化していく。決して馬鹿にしているわけではない。部隊員の動きはきちんと演技指導がされているのだろう、キビキビとした動きでルートをクリアリングしつつクリーチャーと激戦を繰り広げる。使用する銃もすばらしい。おそらくはG36をベースにして作られたであろうそれは、架空の銃と切って捨てるにはもったいない男臭さを放っている。

 

 登場人物は全体的に個性不足感が否めなかったが、それでも十分及第点を超えている。例えば部隊の一員であるニット帽の兄ちゃんは、死んだ戦友を見て悲しみを隠さない。それをみた姉学者は「貴方は心が広いのね」と慰めの言葉を掛ける。それに対して彼は「俺はチンポもデカいぜ」「俺と寝るのは市民の義務だ」といきなり下ネタ方面へとベクトルを急転回させる。これだけ読むと結局ただのゲスじゃねえかと思うかもしれないが、しんみりしたムードを良くしようとの彼なりの発言であることは述べておかなければならない。

 

 これに対して悲惨なのは入国管理官的な立場にいる兄ちゃんである。彼は車椅子に乗った技官であるにもかかわらず、部隊の隊長にピストルと手榴弾をブン投げられ、「何かあったらそれで何とかしろ」と凄まじく具体的な指示を丸投げされる。もちろんそんな糞みたいな指示でなんとかなるはずもなく、彼はクリーチャーに殺されたあげく、自身もクリーチャー化して、さらに主人公に撃ち殺されるという哀れにも程がある扱いを受ける。

 

 さて本作最高のヒーローである部隊の隊長は、主人公達の「生き残りの中には感染してない人もいるんだから彼らは救助すべきだ」との進言を無視。「生き残りはみんな殺して徹底的に浄化するんや」と強硬に主張する。しかしこれだけならばまだ擁護は可能だった。感染についての詳細が解明されていない以上、さらなる犠牲が増えるリスクを回避するため現場判断で緊急避難措置を講じたとして弁護できる(ここでいう緊急避難がどの法に定義されるものかはわからないし考える気もない事は謝罪しておく)。

 

 では隊長の何が素晴らしいのか?ご説明しよう。彼は前述のとおり、非感染者を含めた殲滅処置を命じている。その過程で彼はクリーチャーの攻撃を受けてモロに感染する。その瞬間に彼は変節し、姉科学者を脅して抗体をブチ込み「俺は大丈夫だぜ」と開き直る。正々堂々とは彼のためにある言葉であろう。なお抗体を投与したにも関わらず結局彼は凶暴化したので主人公によって見事殺害されてハッピーエンドである。

 

 本作は、週末疲れて動く気の無い時に、ポテチでも食べながらごろ寝して観るのに適したシンプル娯楽映画であると評価できる。

 

 

総合評価・星4つ(ステキやん?)

★★★★☆

 

以上

広告を非表示にする

アナコンダ・アイランド

f:id:public-technocut:20170227214616j:plain

あらすじ

「御社の経営理念に惹かれました!(そんなものは無い)」

 

 あるワールドワイドでグローバルな国際企業が、毒ヘビのもつ成分を研究してガン治療薬を作ろうとしていた。しかし社長は「なんとなくヘビの毒をめっちゃパワーアップしてみたんだぜ。ちなみにヘビはめっちゃ凶暴になって並みの攻撃が通じないんだぜ」と訳の分からないことを実行、あげくにヘビは当然の様に集団脱走する。

 

 本作の主人公である元軍医の短髪イケメンは、のどかな田舎暮らしを求めて辺境の島の診療所を継ぐためにやってくる好青年である。そこに運よく強化毒ヘビがやってきて、地元住民を食い殺しはじめる。死亡者の中でも、エロ担当の女優の死に様には斬新なものがある。彼女はヘビが足から這いずってくるのを彼氏の愛撫と勘違いし「そこはダメよぉん」とかほざいているうちに局部から噛み殺されて死亡した。今まで多少なりとも映画を見てきたつもりであったが、クンニで死ぬ登場人物には初めてお目にかかったし、なによりもクンニ死の役を受け入れた女優の心中はいかばかりだったのか。まさにGod knowsというやつであろう。

 

 やがて島中はヘビでいっぱいになってしまう。大半は高台のホテルに避難するが、逃げ遅れた人々をどう助けるか。答えは消火器である。主人公達は、消火器を噴射しながらヘビを撃退して人々を救い出す。並みの攻撃が通じないという前提が砂上の楼閣の如く崩れ去った瞬間である。

 

 やがて企業が事実を隠ぺいするために部隊を送り込んでくるのだが、この部隊がまた素晴らしい。猛毒のヘビが相手だというのに防護ジャケットどころか厚手の作業着すら身に付けていない。それどころかTシャツの隊員までいる始末。ボスらしき悪役のオッサンに至っては高そうなスーツでご登場である。お前はヘビと商談する気で来たのか。

 

 まあとにかく部隊がきたことで島民は安心。「あんたらが乗ってきたボートで帰れるやんけ!」と喜ぶが、主人公達は「ホテル周辺にはまだまだヘビがいるんだから、そいつらをなんとかしないとどうにもならんぞ」と正論を吐く。しかし世の中正論が通るなど幻想であることは自明である。島民の半数以上が「こんなとこにいられるか!俺は他人のボートに乗るぞ!」とフラグを立ててホテルから飛び出し全滅するという集団自決同然の最期を遂げた。

 

 主人公達は、残ったまともな脳みそを搭載した島民達を救うため一計を案じる。ヘビが熱に反応することを利用し、除草に使う農業用小型火炎放射器をつかってヘビをおびきよせ、その隙に島民たちをボートに乗せることに成功した。囮になった主人公達は、メンバーの1人である女の園芸店に立てこもる。しかしここもそう長くはもたない。

 

 そこで女店主は発案する。「ここにある肥料で爆薬を使ってヘビをぶっ飛ばすのよ!」肥料で爆弾?と思われた方もいるだろうが、事実これは「アンフォ爆薬」と言う立派な福祉用品であり、Amazonあたりが売り出したらダーイシュのゴミ共がクリック連打で購入する事間違いなしの品物である。こんな物騒なモンを製造できる田舎の島民なんてめちゃくちゃ嫌である。ましてスローライフを求めてやってきた主人公からしたらこの女は悪魔同然であろう。しかし悪魔はヘビに勝つ。大地を富ませ作物を産み出すはずの肥料は兵器として魔改造されてヘビをぶっ殺してハッピーエンドである。なおスーツのオッサンは死ぬ。

 

 本作に登場する役者達は頑張っている。主人公はもちろん、悪魔店主やクンニ女ですら迫真の演技で焦りや恐怖を演じている。しかし役者の演技力以外は全てクソである。ストーリーは「ヘビが繁殖してヤバイ」で終わる。アナコンダと言っておきながら巨大ヘビは出てこずに小さなヘビがチョロチョロでてきて消火器でなぎ倒される。そもそも企業は何故ヘビを強化したのか?兵器産業の陰がちらつくわけでもなくノリで「毒、強めてみました」では栄養ドリンクの宣伝と大差ないではないか。アナコンダと企業、すなわち「敵」と「悪」の設定が不足しており全く魅力が無い。本作はストーリーや設定をちゃんと固めないと役者がいくら頑張っても限界があるよねという反面教師として教材利用する価値ぐらいしか認められない。

 

 

総合評価・星2つ(500円の価値無)

★★☆☆☆

 

以上

アポカリプス・オブ・ザ・デッド

f:id:public-technocut:20170225232227j:plain

あらすじ

デス・レースは始まりすらしない(前提)」

 

 主人公は量産型のマッチョである。彼は何かのショックでぶっ倒れて病院に入院する。そして意識が回復すると、治療にあたってくれていた看護師を脅迫して脱走する礼儀作法を体現指導してくれる。

 

 その後、彼は唯一残っていたメモを手掛かりに、あちこちをフラフラする。最初に行ったところでは、別にいてもいなくてもストーリー上関係のない細身の黒人がドツき回されているのを助ける。すると黒人は「神父のところへ行け」と次のお使いミッションを指定してくれる。

 

 出会った神父は、墓の上で飲んだくれて泥酔するスモーカーであり、カフェでとった昼食の伝票を初対面の主人公にプレゼントする模範的な神の子羊である。神父が言うには「お前の兄ちゃんはアフガニスタンで戦死した。その後、悪の力で復活して人類を滅ぼす魔王になったからヤバいんだ」「ちなみにお前は兄ちゃんを倒すべく選ばれたデーモンスレイヤーだ」と驚愕の事実を明らかにする。どう考えてもヤバいのはお前だとしか思えない。この説明を素直に納得できる奴がいるとすれば、そいつは終わりなきy軸の下へ向かって全力疾走する低脳だけであろう。

 

 主人公も「そんなのウソやろボケ」と叫びながらバグって山道を走りまくるが、結局神父のところに戻ってきて「じゃあ兄貴を殺るしかねえな」と納得する。世の中では気持ちの切り替えがうまい人ほど能力が高いと言われているが、本件に限定すればその法則は当てはまらないと断言したい。そして神父は術式で清められた銃器・爆薬と「デーモンスレイヤーの剣」を主人公に手渡す。

 

 兄(魔王)の拠点に乗り込む主人公。魔王を名乗るからには要塞の様な堅牢さを誇るのかと思いきや、そこはただの廃業した工場レベルの建物で、兄(魔王)はそこでエロい女を集めてパーリーピーポーをしていた。これで一体どうやって人類を滅ぼすのか皆目見当がつかないが、とりあえず主人公はバケモノを撃ちまくる。

 

 戦闘シーンは非常に見やすく表現に気が配られている。ガンアクションは、室内照明や車のライトが逆光の役割を果たしているおかげで、とりあえずバケモノが倒されてるんやなぐらいの情報しか入ってこない。ラストの兄(魔王)との決戦も剣で数回打ちあった後、主人公が勝って、はい終わりである。

 

 正直全体的にみれば星1つが妥当な作品なのだが、ガンアクションシーンで乱入してきた神父の活躍については一定の評価を与えたい。彼は「バケモノにはこいつが一番だぜ!」とドラムマガジンを装着したトンプソン・サブマシンガンを両手に持ち、片っ端からバケモノを掃射して大活躍、負傷した後は時限爆弾を用いてアジトを吹き飛ばし自爆した。彼は「バカだけどなんだかんだで良い奴」キャラとして及第点に達している。彼の働きを考慮して、本作の評価は以下の通りとしたい。

 

参考動画:ドラムマガジンを装着したトンプソン・サブマシンガン

https://www.youtube.com/watch?v=CtdaZQWa7zc

 

 

総合評価・星2つ(500円の価値無)

★★☆☆☆

 

以上