読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンコイン・ムービ-レビュー

ワゴンセール等で500円程度で投げ売りされている映画を愛するブログ

バイオハザードX

f:id:public-technocut:20170219213614j:plain

あらすじ

ウォーキング・デッド(視聴者にとって)」

 

 わけのわからん企業によって、2人の囚人のオッサンがよくわからん星に送り込まれる。その任務は「X」を回収すること。わけがわからない設定だが、ストーリーが進むにつれて状況説明がなされるのは当然のことであろう。しかしその期待は、かつてパリを守り抜いた英雄マルモンの背信を彷彿とさせる形で履行された。

 

 本作の視聴時間は98分、その内50分はオッサン2人のウォーキングシーンである。その過程では丁寧な背景説明がなされる。「Xってなんだ」「わからん」、「助けを呼ぼうぜ」「来ねぇよ」、「もう嫌だ」「やるしかないだろ」これが延々50分続くのである。何が悲しくて貴重な週末に外人オヤジのグチを聞かなければならないのか?DVDを挿入した後、50分ウォーキングして帰ってきてから視聴を開始しても問題無いと言えば、いかに本作が愚かであるかわかっていただけるだろう。

 

 そして目的地で見つけたのはゾンビでも何でもない小汚いデロデロのハゲである。こいつは精神攻撃によりオッサン2人を攻撃する。すでに本作から精神攻撃を受けている身からすれば何の同情も湧かないことは自明である。オッサン達がやられそうになった時、1人の仮面戦士が現れる。戦士は「キリストの御名の元にうんちゃらかんちゃら!」と叫びブロードソードを振り回す。ハゲは炎の呪文を繰り出し、戦士は雷の呪文を繰り出す。一体これのどこがバイオハザードなのか。監督は軍法会議公開処刑されるべき低脳であることは間違いない。

 

 戦闘がひと段落してから、仮面戦士の正体が明かされる。それはパッケージの女である。彼女は「父親があのハゲに殺された」「私は13年間戦ってきた」というが、父が殺された経緯や戦い続けた意味については説明皆無である。この女、オッサンに「貴方は私が守るわ」と断言しておきながら、その数分後には「さっさと消えろボケ」と吐き捨てたりする一貫性のある傑物である。「一度約束した事は守らないといけない」と意志を貫き不遇の死を遂げた范増の背中の膿を煎じて飲ませてやりたい。

 

 結局ラストはオッサン1人死亡、生き残ったもう1人のオッサンにはハゲが憑りついてファッキンエンドという素晴らしいオチである。

 

 バイオハザードシリーズは、ゲームでも映画でも作風や演出を変え進化してきた。賛否両論入り混じる変更点は多々見られるも、ブランドとして努力を続けている。しかしXについては否の意見はあれど賛の意見は無いと断言できる。1時間近く視聴者をコケにしたウォーキング動画を垂れ流したあげく、バトルシーンはまるでカルト教団のタコ踊り。本作を店頭で見かけた際には全力で無視して記憶から抹消することを強くお勧めする。

 

 

総合評価・星1つ(神が憐れむレベル)

★☆☆☆☆

 

以上

広告を非表示にする

ガチンコ 喧嘩上等

f:id:public-technocut:20170218233729j:plain

あらすじ

「カスなタイトルからの、ミントの様な爽やかさ」

 

 主人公は高校生の番長。しかしケンカが原因で退学となってしまう。父親代わりのオッチャンは元ヤンから更生した自動車整備士で、受け入れ先の無い主人公のために奔走し、頭を下げて転校先を見つけてくれる優しい人物である。可堕性のある少年を護る模範的市民であると思ったのもつかの間、オッチャンは主人公に「入学祝だ。これに乗って初登校しろや!」と改造したヤンキー使用のスポーツカーをプレゼントする。ケンカによって退学になった少年に族車を贈り特攻させるとは、結局このオッチャンの知能指数はチンパンジーレベルである。恩のあるオッチャンに逆らうわけにもいかず登校した主人公は案の上襲撃と言う名の歓迎を受けてめんどくさい目に合う。がその後3年生と和解する。

 

 転校先の学校では3年生 VS 2年生という対立が勃発していた。それは一体何故なのか。それは2年生を仕切っているリーダーの就職問題が原因であった。彼の兄は「スネーク」という聞いただけで頭の悪さがにじみ出ている集団を経営しており、ゆくゆくは弟に跡を継がせたいと考えている。そのためには3年のリーダーが2年の下につくことでハクを付けておいた方がいいという天才的な方針が提案されたのである。なおスネーク(笑)は一般市民に対し、殴る蹴るといった飛び込み営業をかけて車を借りパクして売り飛ばす誠意ある事業団でる。

 

 結果、3年生は思春期でイキがってるだけのちょいワルであるのに対して、2年生とスネーク(爆笑)はウンコ味のウンコレベルのクズであるため、本作はアホなヤンキーバトルではなく3年生による勧善懲悪ものと化している。パッケージから漂う阿呆のスメルからは想像もできなかった展開に胸が熱くなったことは告白しておかねばなるまい。

 

 ケンカのシーンは上手に撮影されている。タイマンのシーンは寄りの視点で迫力あるバトルを見事に演出して視聴者を飽きさせない。集団の乱闘シーンではスローモーションを多用することで、キャラクターの奮戦ぶりがしっかりと分かるよう丁寧な配慮がなされている。惜しむらくはボスの弱さであろう。2年生のリーダーは基本チュッパチャプスをなめながら「ヒャッハー」とわめいているだけで、いざ決戦となると3年のリーダーにフルボッコにされる。スネーク(核爆)のボスにいたっては、そこらへんのモブと大して変わらないレベル、いや下手をすればモブより弱い抵抗しか見せずにボコボコにされたあげく車で逃走するも失敗してさらにボコボコにされる。まあクズが3重奏でボコボコにされるというシーンは見ていてとてもスカッとするので特に欠点とあげつらうレベルではないのでこれは一種の芸術と捉えるのが良いだろう。

 

 以下は作品の評価に関係のない私の個人的な感想である。本作では3年生のリーダーが、抗争中にも関わらず妹に自転車を運転させ学校まで送迎させるというシーンがあった。ここが私としてはいただけない。兄は妹のためにのみ存在する価値がある生き物であり、ハリーポッターでいえば屋敷しもべ妖精に相当する。もちろん制作陣としては3年生のリーダーの人情味を描くこと、妹を2年生がさらうことで彼らのクズさを強調するという意図をもって多少無理に妹キャラを出したであろうことは重々理解できる。しかし妹しもべ妖精としてプライドをもって生きてきた私にとって、妹の守護は兄として譲れない一線であるということは主張しておきたい。

 

 

総合評価・星4つ(ステキやん?)

★★★★☆

 

以上

 

広告を非表示にする

クラーケン

f:id:public-technocut:20170211210455j:plain

あらすじ

「陰湿なんだよ…」

 

 舞台は田舎の寂れた漁村。そこでは漁獲量の急速な減少がみられていた。漁は村の死活問題であり、その原因を解明すべく主人公である海洋学者が調査のため派遣される。彼は村を守る女保安官と協力し調査を進めていく。

 

 しかしこの村は、内部に対立構造がすでに出来上がってしまっていた。具体的には白人漁師VS先住民族漁師である。漁獲量が減少した理由は皆目不明。そうなると感情的になった白人漁師が「漁獲量が減ったのは、先住民族の漁業特権による乱獲が原因だ!」と主張する。しかしこの論も、何の根拠も無い感情論である。

 

 理論的な説明ができない状況下において、悪質なミランダにより敵を作り鬱憤を晴らすというのは実に重苦しい展開である。もちろんミランダ全てを否定する気は毛頭無い。しかし、他の動物と人間との違いは理性の有無ではないのか?人間とは魂の生き物ではないのか?これらは所詮理想論でしかないのだろう。この村がクレデンダにより協和的地方自治を維持できなかったことは残念極まる。あげく女保安官にいたっては白人と先住民族のハーフであり両陣営からシカトをこかれるという悲惨な立ち位置であることも述べておかなければならない。

 

 そうこうしているうちに、白人漁師のボスがクラーケンに襲われる。すると彼は「ダイオウイカや!ブッ殺したろ!」と戦闘態勢に入る。そこに海洋学者と女保安官が間に入り、先住民族の漁船と共同してクラーケンをしとめる策を提案。呉越同舟、しぶしぶ両陣営の漁師は休戦する。

 

 それにしても漁師たちの装備は愚かの一言に尽きる。人間を触手一本でぶっ飛ばすバケモノイカを相手にするというのに、武装は手投げ用のモリ、ナタ、ショットガンである。おとなしく州兵に救援要請出して爆雷や機関砲で仕留める方が確実でリスクも低いだろと考えた私の思考は住民自治の原則に反しているのだろうか?

 

 案の上漁船はボッコボコにされ、先住民族の漁船は沈没、白人の乗組員も壊滅状態。この状況に対して科学者は「モリに発電機から電気を流してイカを感電死させるんや!」と発案する。イカが死ぬ前にお前らが感電死するんじゃねえのと思いつつも作戦は成功。ピカチュウ!100万ボルトだ!的なノリでクラーケンは死んでフィナーレである。

 

 本作の評価すべき点は、作中に漂う村の空気である。登場する地元の住民の、生活に疲れた感が凄まじくリアルなのである。役者の演技力か、メイク担当の技術力か、撮影班の映像技術か、どこが優れているのかはわからないが、本作はパッケージの様なモンスターパニックものではなく、困窮した村の決死隊戦記としてみればそれなりに見ごたえのある作品である。

 

 

総合評価・星3つ(500円の価値有)

★★★☆☆

 

以上

広告を非表示にする